設備保守工事業務

優れた知識と技術で、ビル設備をしっかり管理

ビル・建物・施設の安全で円滑な管理・維持のためには、各種設備の稼動状況を常に監視し万が一異常が発生した場合には適切かつスピーディーに対応、被害の最小化を図ることが何よりも重要です。

  • 建物
  • 空調設備
  • 電気設備
  • 消防設備
  • 給排水設備

最新鋭のインテリジェントビルの管理・運営の実績と経験豊富な技術スタッフによる点検・保守サービスにより、お客様に安全で快適な環境を提供してまいります。


常駐管理

お客様の施設(建物)に装備されている電気設備、空調設備やボイラー等が正常に機能するための保守管理の専門知識を持つ有資格者が日々対応する管理システムです。継続的な設備運転が必要となる深夜営業の施設などに適しています。

巡回管理

オフィスビルや大型施設等、お客様の施設設備を法定に基づいた毎月の点検やメンテナンスのほか、それぞれのお客様のニーズや、その運転状況に合わせ定期的に巡回を行い点検・メンテナンスをします。

緊急対応

緊急対応では応急措置を行います。応急措置の後の改修工事、トラブルを未然に防ぐために行う定期点検まで当社1社でワンストップに行うことができます。


高度な技術とサービスで対応します。

空調・冷凍設備管理
冷暖房・換気設備
冷凍・冷蔵設備
ボイラー設備
給排水設備管理
給水設備
排水設備
給湯設備
電気設備管理
受電設備
配電設備
負荷設備
発電機設備
消防設備管理
警報設備
消火設備
避難誘導設備
  非常用電源設備
昇降機設備管理
エレベーター
エスカレーター
小荷物専用昇降機
立体駐車場設備

建物の定期調査もFUDO coporationにお任せください

特定建築物定期調査

建築基準法第12条に基づき不特定多数の人が利用する特殊建築物等について1年から3年に1度、有資格者による調査を行う必要があります。
敷地・構造強度・避難施設・一般構造・耐火構造等の状況が対象となり、当社の資格保持者が調査を請け負います。


建築設備定期調査

建築設備定期検査とは、ビルやマンション・学校など不特定多数の人々が利用する建物で災害が発生することを防ぐために建物の所有者や管理者に対し建築基準法により建築設備定期検査を定期的に専門家により実施し特定行政庁に報告するよう定められています。検査を実施することにより建物の異常を早く発見し、事故を未然に防ぎかつこのことが結果的に維持管理費用の削減にもつながります。

防火設備定期検査

防火設備定期検査とは、ビルやマンション・学校など不特定多数の人々が利用する建物で災害が発生することを防ぐために建物の所有者や管理者に対し建築基準法により防火設備定期検査を定期的に専門家により実施し特定行政庁に報告するよう定められています。
検査を実施することにより建物の異常を早く発見し、事故を未然に防ぎかつこのことが結果的に維持管理費用の削減にもつながります。